BRAVA

外部連携で使いみち広がる
高速・多機能ビューア

サポート/SUPPORT

HOME>Brava Desktop サポート>インストール・アンインストール>Brava Desktop バージョンアップガイド(ネットワークライセンス)

Brava Desktop 16.4 バージョンアップガイド
<シート固定ライセンス/同時使用ライセンス>

Brava Desktop 7.1~16.0 いずれかの旧バージョン(ネットワークライセンス)が動作している運用環境をBrava Desktop 16.4へバージョンアップする手順をご説明します
以下の作業手順は、ライセンス認証用サーバーを変更せずバージョンアップのみ行う場合の作業手順です

  1. Brava Desktop 16.4 ライセンスファイルを入手する
  2. 旧バージョン用のライセンスマネージャをアンインストールする [サーバー作業]
  3. 新バージョン用のライセンスマネージャをインストールする [サーバー作業]
  4. Brava Desktop 16.4 ライセンス情報をライセンスマネージャにインポートする [サーバー作業]
  5. Brava Desktop 旧バージョン(7.1~16.0)をアンインストールする [クライアントPC作業]
  6. Brava Desktop 16.4をインストールする [クライアントPC作業]
注意事項:
  • 新バージョン(Brava Desktop 16.4)用のライセンスマネージャプログラム名称は「Brava! Desktop License Manager」です
    本プログラムをインストールするには、旧バージョン用のライセンスマネージャ「IGC License Manager」を先にアンインストールする必要があります
  • 上記2の作業「IGC License Manager」をアンインストールした時点で、クライアントPC側では旧バージョンのBrava Desktopは使用できなくなります
  • 上記2の作業後、4の作業を完了したクライアントPCから順番にBrava Desktop 16.4を使用できます
  • バージョンアップに合わせてライセンス認証用サーバーも変更する場合は、作業の流れが若干異なります
    本ケースに該当する場合は、ライセンス発行のご依頼時にお知らせください


Step 1: Brava Desktop 16.4 ライセンスファイルを入手する

Brava Desktop 16.4用のライセンスファイルを入手するには、メールにてお申し込みください
バージョンアップを行う環境にあわせて必要事項をメール本文にご明記ください
ライセンスファイルをご用意できましたら、サポート窓口からメールにて新しいライセンスファイルを送付いたします

ライセンスマネージャのインストール先サーバーを変更せずバージョンアップする場合

宛先bdt-support@oceanbridge.jp
件名Brava Desktop 16.4 ネットワークライセンス アップデート依頼
本文発行対象ライセンスに関する以下の情報を記載してください。
・購入製品のPIN Number(例:IGC450001、IGC461234)
・発行希望バージョン(Brava Desktop 16.4 希望とご明記ください)

ライセンスマネージャのインストール先サーバーを変更してバージョンアップも実行する場合

宛先bdt-support@oceanbridge.jp
件名Brava Desktop 16.4 ネットワークライセンス 再発行依頼
本文発行対象ライセンスに関する以下の情報を記載してください。
・購入製品のPIN Number(例:IGC450001、IGC461234)
・新しいライセンスマネージャインストール先サーバーのコンピュータ名またはIPv4アドレス
・ライセンスマネージャインストール先のOS情報
・発行希望バージョン(Brava Desktop 16.4 希望とご明記ください)


Step 2: 旧バージョン用のライセンスマネージャをアンインストールする

旧バージョン用のライセンスマネージャ(IGC License Manager 1.1)をアンインストールします
サポートページ「IGC License ManagerとBrava Desktopをアンインストールする」を参考にして、アンインストールします

重要:ライセンスマネージャのアンインストールについて
ライセンスマネージャをアンインストールする際は、サービスのアンインストール操作も必ず実行します。
サービスのアンインストール手順は、以下のとおりです。
  1. ライセンスマネージャを起動する
  2. ライセンスマネージャメニューの[Tools]-[Service]-[Disconnect From Service]をクリックする
  3. ライセンスマネージャメニューの[Tools]-[Service]-[Uninstall Service]をクリックする


Step 3: 新バージョン用のライセンスマネージャをインストールする

新バージョン用のライセンスマネージャ「Brava! Desktop License Manager 1.16.4」をインストールします

事前準備

  • Windowsの「UAC」(ユーザーアカウント制御)は無効にします
    詳しい設定手順は、Microsoft社のサポートページなどをご参照ください
  • ファイアウォールを有効にしている場合は、TCP8400番ポートおよびTCP8208番ポートへの接続を許可する設定を登録してください
    ※TCP8400番ポートはクライアントPCとの通信、TCP8208番ポートはライセンスマネージャ管理画面への接続に必要です
  • セキュリティソフトが稼働している場合は一時的に無効化します
  • 管理者権限を持つユーザーアカウントを一つ用意します
    定期的にパスワード変更を必要とするユーザーを使用する場合、サービスのログオンアカウントについても合わせてパスワード更新が必要になるので、ご注意ください
    本製品のインストールからサービスのインストール、ライセンス情報の登録処理などは全て同じユーザーを使用して実行してください

ライセンスマネージャのインストール

1ライセンスマネージャのインストールプログラムを下記リンクからダウンロードします(動作環境)

Brava Desktop License Manager 1.16.4.22

2ダウンロードした「BDLicenseManager.exe」を実行し、インストールウィザードを起動します

3[Welcome to InstallShield...]画面が表示されたら、[Next]をクリックします

3[OpenText End User License Agreement]画面が表示されたら、[Next]をクリックします

4[Install Brava! Desktop License Manager...]画面が表示されたら、プログラムインストール先を選択します
初期設定のままインストール続行する場合は、[Next]をクリックします
変更する場合は、[Change...]ボタンをクリックして、任意のインストール先を選択します(非推奨)

5[Click Install to begin the installtion]画面が表示されたら、[Install]ボタンをクリックします

6ライセンスマネージャのインストール処理が開始されます

7プログラムのインストール処理が完了すると、[Install Shield Wizard Completed]画面が表示されます
[Finish]ボタンをクリックして、インストールウィザードを閉じます

以上でライセンスマネージャのインストール作業は完了です
ダウンロードした「BDLicenseManager.exe」は削除して構いません

ライセンスマネージャに関する初期設定

1ライセンスマネージャ用の設定ファイルに対して初期設定を行います
Brava DesktopをインストールしたクライアントPCとの通信に使すサーバーのIPアドレスを設定ファイル「LMService.ini」に対して明示的に指定します

  1. エクスプローラーを起動し、ライセンスマネージャインストールフォルダを参照する
    例[C:\ProgramFiles(x86)\OpenText\Brava Desktop License Manager](64bitOSの場合)
  2. [Brava Desktop License Manager]フォルダ直下の「LMService.ini」をテキストエディタで開く
  3. 末尾の行にパラメータ「AdministrationHostName」を追記し、クライアントPCとの通信に使用するIPv4アドレスを設定値として入力する
    【記述形式】
       AdministrationHostName=[IPv4 Address]
    【記述例】クライアントPCとの通信に使うIPアドレスが[192.168.1.111]の場合
       [Options]
       AdministrationPortNumber=8208
       AdministrationHostName=192.168.1.111

2ライセンスマネージャを起動します
以下のいずれかの操作により、ライセンスマネージャの管理画面を表示します

  • Windowsの[スタート]メニューで [OpenText]-[Brava! Desktop License Manager]を右クリックし、「管理者として実行」をクリックする
  • デスクトップ上に作成されているショートカットファイル「Brava! Desktop License Manager」を右クリックし、「管理者として実行」をクリックする

3ライセンスマネージャのサービスをインストールします
管理画面のメニューで [Tools]-[Service]-[Install Service]を選択すると、ライセンス管理プログラム専用のWindowsサービスをインストールします

  • ライセンスマネージャ用のサービスがインストールされた後は、ライセンスマネージャの起動時に、自動的にこのサービスに接続されます
    ライセンスマネージャのインターフェースからは、サービスの接続/切断、開始/終了や、インストール/アンインストールを実行することができます
  • 注意: 本サービスが使用するポートを変更するには、管理画面メニューの[Tools]-[Disconnect from Service]を選択してサービスへの接続を切断してから、[Tools]-[Communications Setup]を選択します
    [Communications Setup]ウィンドウにて、新しいポート番号を入力する際、他のプログラムで使用されているポート番号は入力しないでください

トラブルシューティング:サービスインストールに失敗する場合
「ユーザーアカウント制御(UAC)」を有効にした状態で管理画面を起動すると、サービスのインストールに失敗します
その場合、エラーメッセージ(下画面)が表示されます
本画面が表示される場合はUACを無効するか、または下記手順にしたがって管理画面を起動してから、あらためてサービスのインストールを行います
  1. 管理画面をいったん閉じる
  2. スタートメニューまたはデスクトップの「Brava! Desktop License Manager」を右クリックし、「管理者として実行」をクリックする
  3. 「ユーザーアカウント制御」の確認画面が表示されたら[はい]ボタンをクリックする

4ライセンスマネージャ用サービスの「スタートアップの種類」を変更します
マシン起動時にライセンスマネージャ用サービスを開始するタイミングを設定します

  1. 「コントロールパネル」-「管理ツール」-「サービス」をクリックし、管理コンソールを表示する
  2. サービス名「Brava Desktop License Manager」のプロパティを表示し、「全般」タブを表示する
  3. 「スタートアップの種類」の選択肢を「自動」から「自動(遅延開始)」に変更する
  4. [OK]ボタンをクリックしてプロパティを閉じる


Step 4: Brava Desktop 16.4 ライセンス情報をライセンスマネージャにインポートする

Brava Desktop 16.4 ライセンスファイルをライセンスマネージャにインポートする手順を説明します

ライセンス情報のインポート処理

1購入したネットワークライセンスのライセンス情報をライセンスマネージャに登録します
ライセンスマネージャ管理画面は、スタートメニューから「OpenText」-「Brava! Desktop License Manager」をクリックすると起動します
ライセンス情報のインポート処理は、管理画面メニューの [Tools]-[License Setup]をクリックすると表示される[License Setup]画面で行います
ライセンスファイル登録方法として2種類のメニューをご用意していますが、通常は一つ目の方法を選択してください

  • [Import From File]ボタンからライセンスファイルをインポートする方法
    [License Setup]画面の[Import From File]ボタンをクリックして、Step 1で入手したライセンスファイル(IGCKey.lic)を指定します
  • [Add...]ボタンからライセンスファイルをインポートする方法
    本手順でライセンスファイルをインポートするには、はじめにライセンスファイルをテキストエディタで開き、末尾の文字列(430文字)をコピーしておきます
    次に、[License Setup]画面の[Add]ボタンをクリックして、[Add License]ウィンドウを開き、準備しておいた文字列を貼付して[OK]ボタンをクリックします

2ライセンス情報の登録結果を確認します

ライセンス情報の登録処理が成功すると、登録済みライセンスの一覧が管理画面上に表示されます
各ライセンスが使用するポートに重複が検出された場合や、非ネットワークライセンスが登録されるなどの問題が発生した際には、画面上にその説明が表示されます

3ライセンスマネージャ用サービスの「スタートアップの種類」を確認します
マシン起動時にライセンスマネージャ用サービスを開始するタイミングを設定します

  1. 「コントロールパネル」-「管理ツール」-「サービス」をクリックし、管理コンソールを表示する
  2. サービス名「Brava! Desltop License Manager」のプロパティを表示し、「全般」タブを表示する
  3. 「スタートアップの種類」の選択肢を確認する
    「自動」が選択されている場合は「自動(遅延開始)」に変更する
    Brava Desktop License Managerサービス
  4. [OK]ボタンをクリックしてプロパティを閉じる


Step 5: Brava Desktop 旧バージョンをアンインストールする

クライアントPCからBrava Desktop 旧バージョンをアンインストールします(入れ替えを行う台数分必要)

Brava Desktop 旧バージョンをEXE形式のインストールプログラムからインストールしていた場合

サポートページ「Brava Desktop アンインストール手順」を参考にして、アンインストールします

Brava Desktop 旧バージョンをMSI形式のインストールプログラムからインストールしていた場合

MSIファイルからインストールしていた場合、以下のいずれかの作業によりプログラムをアンインストールします
  • コントロールパネルからアンインストールする場合
      - コントロールパネルの「プログラムと機能」(アプリケーションの追加と削除)画面を表示する
      - 「Brava! Desktop 16.0(Brava! Desktop 7.x)」を選択し、アンインストールを実行する
  • コマンドライン(バッチファイル)などからサイレントアンインストールする場合
    「msiexec」コマンドでアンインストール処理を実行できますコマンド実行形式は、以下の通りです
     msiexec /qn /x "インストールしたバージョンのMSIファイルパス(*)"

    *アンインストールするバージョンのMSIファイル保存場所を指定してください
     Brava Desktop 16.0用のMSIファイルがない場合は、下記リンクからダウンロードできます
    Brava Desktop 16.0 インストールプログラム (約200MB/MSI)
     Brava Desktop 7.4用のMSIファイルがない場合は、下記リンクからダウンロードできます
    Brava Desktop 7.4 インストールプログラム (約184MB/MSI)
     Brava Desktop 7.3用のMSIファイルがない場合は、下記リンクからダウンロードできます
    Brava Desktop 7.3 インストールプログラム (約134MB/MSI)
     Brava Desktop 7.2用のMSIファイルがない場合は、下記リンクからダウンロードできます
    Brava Desktop 7.2 インストールプログラム (約101MB/MSI)
     Brava Desktop 7.1用のMSIファイルがない場合は、下記リンクからダウンロードできます
    Brava Desktop 7.1 SR1 インストールプログラム (約115MB/MSI)

Step 6: Brava Desktop 16.4をインストールする

クライアントPCに対するBrava Desktop 16.4の導入方法をご説明します(インストール台数分必要)
  • ローカルの管理者権限を持つユーザーアカウントを一つ用意します
  • Windowsの「UAC」(ユーザーアカウント制御)は無効にします 詳しい設定手順は、Microsoft社のサポートページなどをご参照ください
  • ファイアウォールを有効にしている場合は、TCP8400番ポートへの接続を許可する設定を登録してください
  • セキュリティソフトが稼働している場合は一時的に無効化します

Brava Desktop 16.4のインストール

1Brava Desktop 16.4 のインストールパッケージをダウンロードします
Brava Desktop 16.4 インストールパッケージ (ZIP/約236MB)
クライアントPCの台数が少なく1台ごとにインストール作業を行える場合は、上記ファイルをご利用ください

2Brava Desktop 16.4をインストールします
本インストールパッケージを使用する場合の手順は、「Brava Desktop インストール手順」をご参照ください

参考情報:Brava Desktop インストール台数が多い場合

多様なインストール状況に対応できるようにMSI形式のインストールプログラムもご用意しています
また、MSIファイルからBrava Desktop 16.4をインストールした後、日本語パッチも適用する必要があります
下記のインストールパッケージをご利用いただきますと、Brava Desktop 16.4のサイレントインストールおよび日本語パッチ適用を一括で実行できます

Brava Desktop 16.4 MSI用インストールパッケージ (248MB)

本インストールパッケージの使用方法をご説明します
  1. ZIPファイルを解凍し、任意フォルダに配置します
    例[C:\BDT164SilentMSIInstall]
  2. 本ページのStep1で入手したIGCKey.licを解凍先フォルダに配置します
    例[C:\BDT164SilentInstall\IGCKey.lic]
  3. 解凍先フォルダに解凍された「BravaDesktop164Install.bat」を管理者権限で実行します
    例[C:\BDT164SilentInstall\IGCKey.lic]
  4. スタートメニューやデスクトップに「Brava! Desktop」アイコンが作成されたらインストールは完了です

本インストールパッケージを使用する場合の注意点をご説明します

  • 旧バージョンのBrava Desktopがインストール済みの場合は先にアンインストールしてください
  • 本インストールパッケージに含まれるファイルやフォルダの名称は変更しないでください
    ※ファイル名やフォルダ名を変更する場合は、「BravaDesktop164Install.bat」も修正する必要があります
  • 「BravaDesktop164Install.bat」の33行目にBrava Desktop 16.4 サイレントインストール用のコマンドが記述されています
    本バッチファイルと同階層にIGCKey.licを保存すると記述修正なしでインストール処理を開始できます
    もしIGCKey.licを別フォルダに保存する場合は、「LICENSEPATH」オプションのパス情報も修正します
    (例) msiexec /qn /i "%WDIR%BravaDesktop164.msi" LICENSEPATH="C:\TEMP\IGCKey.lic"
    (例) msiexec /qn /i "%WDIR%BravaDesktop164.msi" LICENSEPATH="\\FsSv\SHARE\TMP\IGCKey.lic"

  • Windows 7 32ビット版OSのみ、LICENSEPATHオプションではインストールできません 本環境にインストールする場合、LICENSEPATHオプションの代わりにLICENSEDIRオプションを使用します
    下記例を参考にしてmsiexecコマンドの記述を修正してください
    (例) 「BravaDesktop164Install.bat」と同階層に「IGCKey.lic」を保存した場合
      msiexec /qn /i "%WDIR%BravaDesktop164.msi" LICENSEDIR="%WDIR%"
    (例) 「BravaDesktop164Install.bat」と同のフォルダに「IGCKey.lic」を保存した場合
      msiexec /qn /i "%WDIR%BravaDesktop164JP.msi" LICENSEDIR="C:\Temp"

  • サイレントインストールを行う場合、Brava Desktopの動作環境として以下の再頒布パッケージも必要です
    MSIファイル実行前に、各パッケージをクライアントPCに対してインストールしてください
    ※「Visual Studio 2013 Visual C++ 再頒布可能パッケージ」については「vcredist_x86.exe」(6.2MB)をダウンロードし、使用してください
    Microsoft Visual C++ 2010 SP1 再頒布可能パッケージ (10.0.30319)
    Microsoft Visual C++ 2013 再頒布可能パッケージ (12.0.30501)
  • Windows 7やWindows 8.1、Windows Vistaの場合、Windowsのセキュリティ機能「UAC(ユーザーアカウント制御)」が有効だとインストール処理を失敗することがあります
    インストールエラーが起きる場合やインストール後に起動失敗する場合は、UACを一時的に無効にしてからインストール処理をあらためてお試しください
  • ※各種コマンドや自動配布方法に関する技術サポートは行っていません。予めご了承ください


トラブルシューティング:ライセンスマネージャ管理画面を使用できない場合

ライセンスマネージャ管理画面に接続できない場合やサービスの動作が安定しない場合は、ライセンスマネージャのサービス「Brava! Desktop License Manager」の初期設定(ログオンアカウント)を変更してください

  1. 「コントロールパネル」-「管理ツール」-「サービス」をクリックし、管理コンソールを表示する
  2. サービス名「Brava! Desktop License Manager」のプロパティを表示し、「ログオン」タブをクリックする
  3. 「ログオン」欄の選択肢を「ローカルシステムアカウント」から「アカウント」に変更し、ライセンスマネージャインストール時のユーザーアカウント情報を入力する  ※ログオンユーザー名は「ユーザー名@ドメイン名」の形式で入力する
    Brava! Desktop License Managerサービス
  4. [OK]ボタンをクリックしてプロパティを閉じて、本サービスの再起動を実行する