BRAVA ファイルサーバーで使える、だからみんなで使える高速・多機能ファイルビューア

株式会社オーシャンブリッジ 会社概要
BRAVAとは

HOME>BRAVAとは>コラボレーション

コラボレーション


閲覧ファイル上に書き込むことで的確な指示を伝える

コラボレーション

Bravaにはコラボレーション(共同作業)を実現するための「マークアップ」機能があります。

図面やドキュメントファイルに対して、吹き出しや矢印、コメントを書き込むことができます。ほかにも、事前に作成していたスタンプを押印することも可能で、組み合わせることで社内外の作業者への伝達指示などのコミュニケーションを円滑にします。

コメントや図は、原本ファイルに直接書き込まずに、ファイルとは別に作成可能です。マークアップファイルのみの保存や、マークアップ内容を焼きこんだ状態でTIFF、PDF、CSFにファイル変換して保存することもできます。

また、1つのファイルに対してコメントが記載されたマークアップファイルを同時に開き、一度に多数のコメントを確認することもできます。


主なコラボレーション関連機能

共同作業や海外コミュニケーションにおける修正指示は正確かつ的確に

原本ファイルに手を加えることなく、修正指示を共有

離れた相手にメールや電話では指示が伝わらず、直接書き込んで指示をした経験はありませんか?直接書き込むといっても、元になる図面や書類は原本として別保存し、スキャンやキャプチャ画像でコピーを作成して指示を書き込み、担当者へ原本ファイルを修正依頼する手段をとる方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

また、海外コミュニケーションにおいても、言葉や文化の壁があるため、的確な指示を送れず、無駄なやりとりが発生している場合には対策が必要です。

「コラボレーション」機能の活用ポイント
  • 原本ファイルに書き込まずにビューア上で指示が確認可能、雲吹き出しや矢印、テキストで具体的な修正箇所を伝達できます。


大人数で取り組む社内規定・マニュアルの修正、指示内容はまとめてチェック

大多数の修正指示もスマートに作業

1つの資料を大人数でチェック作業を依頼したいときはありませんか?ほかにも社内規定やマニュアルなどは、様々なワークフロー承認を得た上で登録される必要があります。多数の修正指示があった場合、指示内容のメールを1件ずつ確認する手間が発生したり、テキストの表現が人それぞれで異なるため修正指示の意図が伝わりにくくなったりします。

「コラボレーション」機能の活用ポイント
  • ビューア上でコメントを付け、後続の閲覧者によりさらにコメントを追加することができるので、作業者は一度に全てのコメントを表示しながら修正作業に取り組むことが可能です。
  • JPEGファイル、Officeファイル、PDFファイルなど豊富なフォーマットに対応しています。
  • iPadやタブレットでもコメントを表示できるので、外出先でも確認可能です。


コラボレーション機能に関連した導入事例

リコーインダストリー株式会社様 <Brava Desktop>

「リコーインダストリーでは、Brava Desktopのマークアップ機能を利用し始めて、16人/月かかっていた新製品の部品の規格書作成期間が1/8に短縮できました」

インタビュー記事はこちら


デスクトップ製品