BRAVA ファイルサーバーで使える、だからみんなで使える高速・多機能ファイルビューア

株式会社オーシャンブリッジ 会社概要
BRAVAとは

HOME>BRAVAとは>ファイル表示

ファイル表示


大判図面でも「ぱっ」と高速表示、操作もサクサク

比較

「ファイル表示」はビューアの基本機能ですが、Bravaの最大の特長は「ファイルの高速表示」です。

A1サイズの大判長尺TIFF図面も、ファイルが素早く表示されます。DWG、DXF、DWF、HPGL、Officeファイルなど、多彩なフォーマットの閲覧が可能で、拡大、縮小、90度回転操作はもちろん、計測や拾い出しもストレスなく操作ができます。範囲指定ズーム機能、虫めがねズーム機能が搭載されており、虫めがねのサイズの変更や倍率指定も可能です。

さらに、サーバー製品ではブラウザ上でのファイル閲覧が可能です。閲覧するためのファイルのダウンロードが不要なので、ネットワーク回線速度が遅い環境でも、ページ数が多いファイルでも、ブラウザ上で快適に閲覧できます。

図面を閲覧する際は、編集時のベクターデータとレイヤーは引き継がれるため、拡大時も線がかすれることなく鮮明に表示され、レイヤーの表示/非表示も可能です。また、シンプルかつ効率的な検索機能も搭載されているため、テキスト検索、ジャンプ、複数語句の正規表現検索も可能です。


主なファイル表示関連機能

1秒でも速いファイル表示が、作業効率とモチベーションをアップさせる

大判長尺ファイルは、大量のファイル閲覧時の重いストレスに

製造業・建設業の企業様では、図面を1日に何回閲覧されているでしょうか。設計部門であればサプライヤーの数だけではなく、1つの製品に使用されている部品の数だけドキュメントは存在し、図面であれば何百点から数万点も管理されている企業様もいらっしゃるのではないかと思います。

新規案件の企画時も、過去の竣工作業を参考事例を確認していませんか。過去事例の図面も1枚ずつ確認して、また別事例の確認の繰り返し作業になっていないでしょうか。 大判図面ともなると、ファイルが表示されるまでに時間がかかってしまい、操作も重たく感じられ、業務効率や精神的にも負担が大きくなります。

「ファイル表示」機能の活用ポイント
  • TIFF、AutoCAD、HPGLのファイルなど様々フォーマットに対応しています。
  • CADファイルを閲覧するだけのユーザーには高価なビューアーが不要です。
  • 図面を拡大表示しても高精度に表示できます。


ファイルサーバーに保存するだけで、最新版のマニュアルを自動公開

改訂が多いドキュメントには、全社内でキャッチアップするのは困難

商品カタログやマニュアルなどの改訂があった場合、資料はどのように社員に配布していますか。印刷物の配布では全社員に最新版を即時に配布することは難しく、ダウンロード方式を採用されている企業様が多くいらっしゃるようです。ですが、ダウンロード方式では周知直後に社内のネットワークの負荷が発生し、他の通常業務に影響する可能性があります。

また、頻繁に改訂を行っている場合は、どのファイルが最新版なのかが明らかではなく、混乱を招いてしまう可能性もあります。

「ファイル変換」機能の活用ポイント
  • ファイルサーバーに新たなマニュアルを保存すれば、翌朝には全社向けポータルサイトで公開できます。
  • ページ単位でデータを読み込めるので、ページ数の多いファイルもブラウザ上で高速に表示ができます。
  • 検索エンジンと組み合わせることによって、検索したキーワードにヒットしたページを直接表示できます。
  • 一度構築すれば、ファイル公開の運用はユーザー部門に任せられます。


ファイル表示機能に関連した導入事例

株式会社大林組様 <Brava Desktop>

「探していたのは、A1サイズの大判図面を軽快に閲覧でき、データの持ち出しや印刷を制御できるTIFFビューア。大林組では竣工図書の参照業務で約1000人がBravaを利用しています」

インタビュー記事はこちら


中部電力株式会社様 <Brava Desktop>

「CADビューワ20製品を比較検討しました。Brava!は価格と性能のバランスが最も優れていました」

インタビュー記事はこちら


カルソニックカンセイ株式会社様 <Brava Desktop>

「図面管理システムの標準ビューアとして、3,000名で10年以上、Bravaを活用しています」

インタビュー記事はこちら


大和ハウス工業株式会社様

「全社的に利用する『住宅履歴情報』のビューアとしてBravaを採用。アフターサービスの充実とビジネスチャンスの拡大を目指し、だれでも簡単、軽快、安全に図面データを閲覧できる環境を実現しました」

インタビュー記事はこちら


デスクトップ製品