BRAVA

外部連携で使いみち広がる
高速・多機能ビューア

サポート/SUPPORT

HOME>サポート>インストール・アンインストール>Brava Desktop 16.4 ネットワークライセンス 導入ガイド

Brava Desktop 16.4 導入ガイド
<シート固定ライセンス/同時使用ライセンス>

Brava Desktop 16.4(ネットワークライセンス)を新規導入する際の作業手順をご説明します。
シート固定ライセンスと同時使用ライセンスの導入手順は共通です。また、購入したライセンス数(シート数)による導入方法の違いはありません。

ネットワークライセンスを購入した場合、Brava Desktop 16.4を使用するPC(クライアント端末)とは別に、ライセンス管理用サーバーを1台たてる必要があります。
本サーバーに対してはライセンス管理ソフトとして「Brava Desktop License Manager 1.16.4」(以下、ライセンスマネージャ)をインストールします。(動作環境)
「Step 1 ライセンスファイルの取得」では、サーバー情報を登録する形でライセンスファイルを取得します。取得したライセンスファイルは、「Step 2 ライセンスマネージャのインストール」および「Step 3 Brava Desktopのインストール」で使用します。


Step 1: Brava Desktop 16.4 ライセンスファイルを取得する

Brava Desktop 16.4のライセンスファイルを入手するには、メールにてライセンス発行依頼にお申し込みください。 ご連絡いただきますサーバー情報を登録したライセンスファイルを用意でき次第、サポート窓口からメールにて送付いたします。
宛先bdt-support@oceanbridge.jp
件名Brava Desktop 16.4 ネットワークライセンス 新規発行依頼
本文 お客様の連絡先情報(会社名、所属部署名、お名前、電話番号など)をご明記ください。
また、発行対象ライセンスに関する以下の情報もご明記ください。
・購入ライセンスのPIN Number(例:IGC450001、IGC461234)
・ライセンスマネージャインストール先マシンのコンピュータ名またはIPv4アドレス
・ライセンスマネージャインストール先のOS情報
・購入ライセンスの登録会社名(※連絡先の会社名と異なる場合)
注意事項:
  • Brava Desktopはプログラム起動時やファイル読み込み時、上記手続きで登録したコンピュータ名またはIPアドレスに接続し、ライセンス情報をチェックする仕組みです。 ライセンスマネージャに接続できないクライアントPC上では、Brava Desktopを使用できません。
  • 本手続きは、ご依頼を受けてから2~3営業日いただいております。インストール作業開始前の早い段階で申請処理を行うことをお勧めします。

Step 2: ライセンスマネージャをインストールする

本手順では、ライセンスマネージャのインストール、ライセンスマネージャ用サービスのインストール、購入したライセンス情報のインポート処理を順番に実行します。

事前準備

  • Windowsの「UAC」(ユーザーアカウント制御)は無効にします。詳しい設定手順は、Microsoft社のサポートページなどをご参照ください。
  • ファイアウォールを有効にしている場合は、TCP8400番ポートおよびTCP8208番ポートへの接続を許可する設定を登録してください。
    ※TCP8400番ポートはクライアントPCとの通信、TCP8208番ポートはライセンスマネージャ管理画面への接続に必要です。
  • セキュリティソフトが稼働している場合は一時的に無効化します。
  • 管理者権限を持つユーザーアカウントを一つ用意します。
    定期的にパスワード変更を必要とするユーザーを使用する場合、サービスのログオンアカウントについても合わせてパスワード更新が必要になるので、ご注意ください。
    本製品のインストールからサービスのインストール、ライセンス情報の登録処理などは全て同じユーザーを使用して実行してください。

ライセンスマネージャのインストール

1ライセンスマネージャのインストールプログラムを下記リンクからダウンロードします。(動作環境)

Brava Desktop License Manager 1.16.6.20

2ダウンロードした「BDLicenseManager_1-16-6-20.exe」を実行し、インストールウィザードを起動します。

3[Welcome to InstallShield...]画面が表示されたら、[Next]をクリックします。

3[OpenText End User License Agreement]画面が表示されたら、[Next]をクリックします。

4[Install Brava! Desktop License Manager...]画面が表示されたら、プログラムインストール先を選択します。
初期設定のままインストール続行する場合は、[Next]をクリックします。
変更する場合は、[Change...]ボタンをクリックして、任意のインストール先を選択します。(非推奨)

5[Click Install to begin the installtion]画面が表示されたら、[Install]ボタンをクリックします。

6ライセンスマネージャのインストール処理が開始されます。

7プログラムのインストール処理が完了すると、[Install Shield Wizard Completed]画面が表示されます。
[Finish]ボタンをクリックして、インストールウィザードを閉じます。

以上でライセンスマネージャのインストール作業は完了です。
ダウンロードした「BDLicenseManager.exe」は削除して構いません。

ライセンスマネージャ用に関する初期設定

1ライセンスマネージャ用の設定ファイルに対して初期設定を行います
Brava DesktopをインストールしたクライアントPCとの通信に使すサーバーのIPアドレスを設定ファイル「LMService.ini」に対して明示的に指定します

  1. エクスプローラーを起動し、ライセンスマネージャインストールフォルダを参照する
    例[C:\ProgramFiles(x86)\OpenText\Brava Desktop License Manager](64bitOSの場合)
  2. [Brava Desktop License Manager]フォルダ直下の「LMService.ini」をテキストエディタで開く
  3. 末尾の行にパラメータ「AdministrationHostName」を追記し、クライアントPCとの通信に使用するIPv4アドレスを設定値として入力する
    【記述形式】
      AdministrationHostName=[IPv4 Address]
    【記述例】クライアントPCとの通信に使うIPアドレスが[192.168.1.111]の場合
      [Options]
    AdministrationPortNumber=8208
    AdministrationHostName=192.168.1.111

2ライセンスマネージャを起動します
以下のいずれかの操作により、ライセンスマネージャの管理画面を表示します

  • Windowsの[スタート]メニューで [OpenText]-[Brava! Desktop License Manager]を右クリックし、「管理者として実行」をクリックする
  • デスクトップ上に作成されているショートカットファイル「Brava! Desktop License Manager」を右クリックし、「管理者として実行」をクリックする

3ライセンスマネージャのサービスをインストールします
管理画面のメニューで [Tools]-[Service]-[Install Service]を選択すると、ライセンス管理プログラム専用のWindowsサービスをインストールします。

  • ライセンスマネージャ用のサービスがインストールされた後は、ライセンスマネージャの起動時に、自動的にこのサービスに接続されます。
    ライセンスマネージャのインターフェースからは、サービスの接続/切断、開始/終了や、インストール/アンインストールを実行することができます。
  • 注意: 本サービスが使用するポートを変更するには、管理画面メニューの[Tools]-[Disconnect from Service]を選択してサービスへの接続を切断してから、[Tools]-[Communications Setup]を選択します。
    [Communications Setup]ウィンドウにて、新しいポート番号を入力します。その際、他のプログラムで使用されているポート番号は入力しないでください。

トラブルシューティング:サービスインストールに失敗する場合
「ユーザーアカウント制御(UAC)」を有効にしたまま管理コンソールを起動すると、サービスのインストールに失敗します。その場合、エラーメッセージ(下画面)が表示されます。
本画面が表示される場合はUACを無効するか、または管理コンソールを下記手順にしたがって起動してから、あらためてサービスのインストールを行います。
  1. 管理画面をいったん閉じる
  2. スタートメニューまたはデスクトップの「Brava! Desktop License Manager」を右クリックし、「管理者として実行」をクリックする
  3. 「ユーザーアカウント制御」の確認画面が表示されたら「はい」ボタンをクリックする

4ライセンスマネージャ用サービスの「スタートアップの種類」を変更します
マシン起動時にライセンスマネージャ用サービスを開始するタイミングを設定します。

  1. 「コントロールパネル」-「管理ツール」-「サービス」をクリックし、管理コンソールを表示する
  2. サービス名「Brava Desktop License Manager」のプロパティを表示し、「全般」タブを表示する
  3. 「スタートアップの種類」の選択肢を「自動」から「自動(遅延開始)」に変更する
  4. OKボタンをクリックしてプロパティを閉じる

ライセンス情報のインポート処理

1購入したネットワークライセンスのライセンス情報をライセンスマネージャに登録します
管理画面メニューの [Tools]-[License Setup]を選択すると[License Setup]ウィンドウが表示されます。
本設定画面でライセンス情報の登録処理を行います。 登録手順には、下記の2通りの方法をご用意しています。通常は一つ目の方法を選択してください。

2ライセンス情報の登録結果を確認します

ライセンス情報の登録処理が成功すると、登録済みライセンスの一覧が管理画面上に表示されます。
各ライセンスが使用するポートに重複が検出された場合や、非ネットワークライセンスが登録されるなどの問題が発生した際には、画面上にその説明が表示されます。

Step 3 Brava Desktop 16.4をインストールする

本手順では、クライアントPCに対するBrava Desktop 16.4の導入方法をご説明します。本作業はインストール台数分必要となります。

事前準備

  • 管理者権限を持つユーザーアカウントをクライアントマシンごとに用意します。
  • ファイアウォールを有効にしている場合は、TCP8400番ポートへの接続を許可する設定を登録してください。
  • セキュリティソフトが稼働している場合は一時的に無効化します。

Brava Desktop 16.4のインストール

1Brava Desktop 16.4 のインストールプログラムをダウンロードします。

Brava Desktop 16.4 インストールパッケージ (ZIP/約236MB)
クライアントPCの台数が少なく1台ごとにインストール作業を行える場合は、上記ファイルをご利用ください。

2Brava Desktop 16.4をインストールします。
本インストールパッケージを使用する場合のインストール手順は、「Brava Desktop インストール手順」をご参照ください。

参考情報:インストール台数が多い場合

多様なインストール状況に対応できるようにMSI形式のインストールプログラムもご用意しています。
また、MSIファイルからBrava Desktop 16.4インストールを実行した後、日本語パッチも適用する必要があります。
下記のインストールパッケージをご利用いただきますと、Brava Desktop 16.4のサイレントインストールおよび日本語パッチ適用を一括で実行できます。

Brava Desktop 16.4 MSI用インストールパッケージ (248MB)

本インストールパッケージの使用方法をご説明します。
  1. ZIPファイルを解凍し、任意フォルダに配置します
    例[C:\BDT164SilentMSIInstall]
  2. 本ページのStep1で入手したIGCKey.licを解凍先フォルダに配置します
    例[C:\BDT164SilentInstall\IGCKey.lic]
  3. 解凍先フォルダに解凍された「BravaDesktop164Install.bat」を管理者権限で実行します
    例[C:\BDT164SilentInstall\BravaDesktop164Install.bat]
  4. スタートメニューやデスクトップに「Brava! Desktop」アイコンが作成されたらインストールは完了です

本インストールパッケージを使用する場合の注意点をご説明します。

  • 旧バージョンのBrava Desktopがインストール済みの場合は先にアンインストールしてください
  • 本インストールパッケージに含まれるファイルやフォルダの名称は変更しないでください
    ※ファイル名やフォルダ名を変更する場合は、「BravaDesktop164Install.bat」も修正する必要があります
  • 「BravaDesktop164Install.bat」の33行目にBrava Desktop 16.4 サイレントインストール用のコマンドが記述されています
    本バッチファイルと同階層にIGCKey.licを保存すると記述修正なしでインストール処理を開始できます
    もしIGCKey.licを別フォルダに保存する場合は、「LICENSEPATH」オプションのパス情報も修正します
    (例) msiexec /qn /i "%WDIR%BravaDesktop164.msi" LICENSEPATH="C:\TEMP\IGCKey.lic"
    (例) msiexec /qn /i "%WDIR%BravaDesktop164.msi" LICENSEPATH="\\FsSv\SHARE\TMP\IGCKey.lic"

  • Windows 7 32ビット版OSのみ、LICENSEPATHオプションではインストールできません。 本環境にインストールする場合、LICENSEPATHオプションの代わりにLICENSEDIRオプションを使用します。
    下記例を参考にしてmsiexecコマンドの記述を修正してください。
    (例) 「BravaDesktop164Install.bat」と同階層に「IGCKey.lic」を保存した場合
      msiexec /qn /i "%WDIR%BravaDesktop164.msi" LICENSEDIR="%WDIR%"
    (例) 「BravaDesktop164Install.bat」と同のフォルダに「IGCKey.lic」を保存した場合
      msiexec /qn /i "%WDIR%BravaDesktop164JP.msi" LICENSEDIR="C:\Temp"

  • サイレントインストールを行う場合、Brava Desktopの動作環境として以下の再頒布パッケージも必要です。
    MSIファイル実行前に、各パッケージをクライアントPCに対してインストールしてください。
    ※「Visual Studio 2013 Visual C++ 再頒布可能パッケージ」については「vcredist_x86.exe」(6.2MB)をダウンロードし、使用してください。
    Microsoft Visual C++ 2010 SP1 再頒布可能パッケージ (10.0.30319)
    Microsoft Visual C++ 2013 再頒布可能パッケージ (12.0.30501)
  • Windows 7やWindows 8.1、Windows Vistaの場合、Windowsのセキュリティ機能「UAC(ユーザーアカウント制御)」が有効だとインストール処理を失敗することがあります。
    インストールエラーが起きる場合やインストール後に起動失敗する場合は、UACを一時的に無効にしてからインストール処理をあらためてお試しください。
  • ※各種コマンドや自動配布方法に関する技術サポートは行っておりません。予めご了承ください。


トラブルシューティング:セットアップ完了したのにBrava Desktopを使用できない場合

サーバー上に複数のネットワークアダプターが存在する場合、サーバー上で以下の点を確認してください。

  1. コマンドプロンプトを起動する
  2. 下記コマンドを実行する
    netstat -ano | find "8400"
  3. 実行結果(赤枠内)を確認する。
    *クライアントPCとの通信に使用するIPアドレスとTCP8400番ポートが表示されるか確認します。
  4. もしBrava DesktopをインストールしたPCとの通信に使用しないネットワークアダプターに設定したIPアドレスが表示されたら、FAQを参考にして設定ファイルを更新してください。

参考情報:ライセンス認証が一時的に出来なくなる事象への対処について

お客様環境によってBrava Desktop 16.4のクライアントライセンス認証が一時的に出来なくなることがあります。
本事象が発生した場合、通常はサービス(「Brava Desktop License Manager」サービス)を再起動することで復旧しますが、予防策としてライセンス認証サービスの状態監視を行うバッチ・ファイルをご用意しました。
ライセンスマネージャーのセットアップを行われましたら、本予防策適用も合わせて行うことをお勧めします。本バッチ・ファイルをご希望される場合は、製品サポート窓口までお問い合せください。

参考情報:Brava! Desktop を一時的に使用できなくなった場合について

運用開始後、複数台のPCでBrava! Desktopを使用できなくなった場合はライセンスマネージャ用サービスの再起動をお試しください。
ライセンスマネージャ用サービスの再起動手順は、以下の通りです。

  1. 「コントロールパネル」-「管理ツール」-「サービス」をクリックし、管理コンソールを表示する
  2. サービス名「Brava Desktop License Manager」を右クリックしショートカットメニューの「再起動」をクリックする
  3. サービスの再起動処理が完了するのを待って管理画面を閉じる