BRAVA

外部連携で使いみち広がる
高速・多機能ビューア

サポート/SUPPORT

HOME>Brava Desktop サポート>体験版に関するお問合せ>Brava Desktop 体験版 アンインストール手順

Brava Desktop 体験版 アンインストール手順

本サポートページでは、Brava Desktop 体験版をアンインストールする手順をご説明します。


Brava Desktop 16.4をアンインストールする

  1. Administrator権限を持つユーザーでログインします。
  2. コントロールパネルを起動し、[プログラムと機能(プログラムのアンインストール)]を選択します。
     ・Windows 7の場合
      スタートメニューの[コントロールパネル]を選択します。
     ・Windows 10、8.1の場合
      スタートボタンを右クリックして表示されるメニューから、[コントロールパネル]を選択します。
  3. 「プログラムと機能」画面の「Brava! Desktop 16.4」をダブルクリックします。
  4. 「Brava! Desktop 16.4をアンインストールしますか?」というメッセージが表示されたら、[はい]を選択します。
    例:Windows10の場合
    「ユーザーアカウント制御」を有効にしていると下画面)が表示されます。
    本ダイアログが表示された場合は、[はい]をクリックして処理を続行します。
    例:Windows10の場合
  5. アンインストール処理が開始されます。処理が完了すると、「プログラムと機能」画面から「Brava! Desktop 16.4」が削除されます。
以上で、アンインストール処理は完了です。
お手元に体験版のライセンスファイル「IGCKey.lic」が残っている場合は、合わせて削除してください。

補足:
インストールディレクトリも削除する場合は、下記の「Brava! Desktop」フォルダを最後に削除してください。
(下記のパスは、デフォルト設定でインストールした場合です。)
  • 32ビットOSの場合 C:\Program Files\OpenText\Brava! Desktop
  • 64ビットOSの場合 C:\Program Files (x86)\OpenText\Brava! Desktop