BRAVA

外部連携で使いみち広がる
高速・多機能ビューア

製品/PRODUCT

HOME>製品>Brava Desktop

Brava Desktop体験版

Brava Desktop(ブラバ デスクトップ)

AutoCAD図面、TIFF画像、PDF、Office等に対応した高速&多機能ビューアソフト「Brava Desktop」

Brava Desktop(ブラバ デスクトップ)は、CAD図面、TIFF、画像、PDF、XPS、Officeなどの様々な形式のファイルを、表示・印刷・マークアップ・マスキングできる多機能ビューアソフトです。

起動や動作か非常に高速、操作は簡単です。表示したファイルを別形式に変換したり、2つのファイルを重ねて比較表示するといった、他のビューアにないユニークな機能も備えています。

主な特長



様々な形式のファイルを高速・高精度に表示

AutoCAD DWG/DXF/DWFをはじめとする各種CAD図面や、TIFF等の各種画像、Adobe PDF、Word/Excel/PowerPoint/VisioといったOffice、XPSやCSFなどの各種ファイルを、一つのビューアで、高速かつ軽快に表示し、印刷できます。
対応フォーマットはこちら

また、Brava Desktopには、長さや面積の計測機能、虫眼鏡による部分拡大表示、マウスドラッグによるリアルタイム拡大・縮小やスクロール、テキスト検索、 AutoCADの線幅のサポートなどの多彩な表示機能が実装されているので、、詳細な設計図面なども高精度に、しかも軽快に閲覧することができます。


2つのファイルを視覚的に比較

2つのファイルを重ねて表示したり、並べて表示したりすることで、変更箇所を簡単に確認することができます。重ねて表示した場合は、変更箇所だけを赤と緑で分かりやすく表示。スライダを左右に動かせば、ダイナミックに修正前後の確認ができます。並べて表示した場合は、表示位置スクロールやズーム倍率変更などがダイナミックに連動します。


マークアップによる朱書き機能

Brava Desktopのマークアップ機能を使用すると、原本ファイルを変更することなく、各種コメントや注釈を記入することができます。マークアップ情報は、独自のXRL形式のファイルとして保存することができる他、別形式のファイルに対して焼き込む(後述)ことも可能です。


機密情報のマスキング

Brava Desktopには、マークアップ機能の一部として、機密情報を隠ぺいするためのマスキング機能が実装されています。ファイル内の機密情報をマスキングした上で別形式のファイルに変換(後述)すれば、必要な情報のみを安全に共有することが可能になります。


表示ファイルを別形式に変換

Brava Desktop上で表示されたファイルは、原本の形式とは関係無く、PDF、TIFF、DWFまたはCSFの各ファイル形式に変換することが可能です。表示されたファイルをそのまま変換することは勿論、特定のページのみを変換したり、DPI値を自由に選択する機能なども備えています。

ファイル変換の際には、マークアップ情報を焼き込むことも可能です。例えば、AutoCAD ファイルに対して、マークアップでコメントを記入してからPDFファイルに変換すれば、AutoCADファイルを表示できる製品を持っていないユーザとも、情報を共有することができます。

また、CSF形式の変換を行う際には、256ビットのAES暗号化に加えて、コンテンツセキュリティ技術の「Visual Rights」による、各種機能の制限や閲覧可能期限の設定を埋め込むことが可能です。Brava Desktopを使用してAutoCADファイルをCSFファイルに変換した場合、座標やレイヤーに加えて、線幅やアトリビュートといったCAD特有の情報も高い精度で保持されます。これにより、重要な情報を安全に公開、共有することができます。


体験版を無料でダウンロード
例えば、こんな使い方
  • 契約書や提案書など、顧客情報が含まれる文書の共有(顧客情報はマスキングして共有すれば、マジックで塗りつぶしてFAXで送信する必要なし)
  • 部品の仕入先や工場と、設計図面や技術文書を安全に共有(大切なCAD図面も流用を防いで安全に共有)
  • アウトソーシング先とのコラボレーション(社外とも安全に情報共有)
  • 入札時の仕様書の共有(閲覧期限を設定すれば、入札後に流用される恐れなし)
  • 共同作成している規定集・マニュアルなどの共同レビュー、稟議
豊富な導入実績を誇るBrava

Brava Desktopは、すでに多数の導入実績を誇るBravaシリーズの、Windowsアプリケーション版です。Bravaビューアのテクノロジーは、様々なコンテンツ・マネジメント・システムや、コラボレーションポータルサイトで活用されています。

Brava Desktopは、日本国内でも、 大手製造業や大手電力会社で社内標準図面ビューアとして、AutoCADやTIFFファイルの閲覧にご利用いただいております。また、大手建設業でCAD図面の検図作業に活用いただいている例もあります。

価格・ライセンス体系

Brava Desktopの価格およびライセンス体系については、下記のPDFをご覧ください。

価格およびライセンス体系について(PDF)

動作環境

Brava Desktopの動作環境は、下記のページをご覧ください。

動作環境について

対応フォーマット

Brava Desktopの対応フォーマットは、下記のページをご覧ください。

対応フォーマットについて

体験版を無料でダウンロード