BRAVA ファイルサーバーで使える、だからみんなで使える高速・多機能ファイルビューア

株式会社オーシャンブリッジ 会社概要
BRAVAとは

HOME>BRAVAとは

Bravaとは

高速・多機能ファイルビューア「Brava」(ブラバ)とは

Bravaは、高速・高精度な表示、セキュア、軽快な操作性、比較やマークアップ機能など、他のビューアにはない便利でユニークな特長をたくさん持っています。また、クライアントPC1台での使用から、大規模システムに組み込んで使用できる製品を用意しています。

Bravaが選ばれる理由

高精度に表示

Brava Enterpriseは、ファイルのフォーマットの応じて、専用の変換ドライバと仮想プリンタへの印刷処理によって変換処理を行います。表示データは画像ではなく、テキスト情報はテキスト情報、ベクター情報はベクター情報として、高い再現性を保ち変換・表示されます。精度が重要とされる場面において、その高い再現性技術は、Bravaを選ぶ明確な理由となります。

フレキシブルデザイン

Bravaでは、権限やアクションに応じて、必要な機能だけを使用できるようにカスタマイズすることができます。スタンドアロン、クライアントサーバーシステム、企業全体でのWebアプリケーションとしても展開が可能、ECMなど大規模なコンテンツマネジメントシステムにも組み込めるよう設計されています。

コンテンツセキュリティ

Brava Enterpriseは、サーバ側で各ファイルを表示専用データに変換し、そのデータのみをクライアントPCに送ります。そのため、そのオリジナルファイルは、決して転送されたり変更されたりしません。外部のネットワークからBrava Enterpriseを使用する時でも、ファイアウォールにポートを開ける必要はありません。通信には、HTTPSやHTTPが使用されています。

エンタープライズ環境での優れたパフォーマンス

Brava Enterpriseは、非常に大きな負荷でも、優れたパフォーマンスで処理するようテストされており、実際のお客様の環境でも実証されています。Bravaはクライアント毎に要求されるサーバー負荷を最小限に抑える独自のトランザクションアーキテクチャを採用しています。キャッシュの処理、事前の変換処理、ページ単位のダウンロード、サーバー側の変換とクライアント側での変換も選択可能、Brava Enterpriseは、驚くほどの処理能力を提供できるように設計されています。

シンプルかつ簡単

Bravaビューアのユーザーインターフェースは、長年の使用されているお客様からの声を参考に設計されています。作業目的に応じたメニューと内容を閲覧する際に使用するメニューで構成され、非常に操作性が優れたビューアです。是非、お試しください