BRAVA ファイルサーバーで使える、だからみんなで使える高速・多機能ファイルビューア

株式会社オーシャンブリッジ 会社概要
BRAVAとは

HOME>BRAVAとは>セキュリティ

セキュリティ


企業に求められる柔軟なセキュリティ機能

セキュリティ

Bravaでのセキュリティ対策を実現する仕組みとして「表示専用データへの変換処理」機能があります。各ファイルはサーバー上で、Web環境での表示に適した独自の軽量データ(XDL形式)に変換されてビューア上で表示するため、閲覧ユーザーによる原本ファイルのダウンロードや改ざんを防止します。

ほかにも「プリントスクリーンキー機能の抑止」機能や、閲覧中のファイルの背景に指定の文字を表示する「透かし文字の表示」機能があります。閲覧者のユーザー名やアカウントIDを表示することで、セキュリティ意識を向上させることが可能です。
また、ユーザーごとに印刷、テキストコピー、ダウンロードの権限を管理者側で設定できるので、これらの機能を組み合わせると「見ることはできるが、コピーや印刷、持ち出しができない」といったセキュリティ対策ができます。


主なセキュリティ関連機能

部門管理のデータも、異なる部署や国内拠点、サプライヤーとも安全に共有可能

国内拠点、サプライヤーとの文書・図面のやりとり内で情報流出する隙をゼロに

部門内で扱う図面データは社内の様々な部門で確認されるほかに、国内拠点やサプライヤーへの図面の共有工程をもつ企業様は多いのではないでしょうか。使用する目的は異なりますが、ファイルを共有するとなると、大切なデータを手違いでアクセスして更新してしまったり、ダウンロードされて外部へ持ち出されてしまっては大変です。

また、図面や文書を多く扱っている企業様では、文書管理システムや図面管理システムなどを既に導入されているのではないでしょうか。既存のシステムに、さらに高度なセキュリティ環境の整備は今様々な業界から求められています。

「セキュリティ」機能の活用ポイント
  • 所属部門や役職に応じて、個々に操作禁止項目(ダウンロード、印刷)を指定することが可能です。
  • 文書管理システムや図面管理システムに組み込むことが可能で、既存のシステムに高度なセキュリティ性を追加することができます。


海外拠点には情報漏洩対策が必須

文化の異なる海外拠点には持ち出し予防策とセキュリティへの意識を向上を

ビジネスのグローバル化にともない、国内の生産拠点を海外へ移転・委託する企業様は多いのではないでしょうか。世界各国でセキュリティ意識が異なる中、どのような環境においてもコミュニケーションは円滑に行われなければいけません。

昨今のアジア各国、南米、アフリカなどへも海外進出する中では、日本国内の情報を、海外部門へ渡す際は最新の注意が必要になります。技術情報、図面、マニュアルの流出を防ぎ、安全に共有する仕組みは必須です。

「セキュリティ」機能の活用ポイント
  • 業務委託先へのマニュアル公開も、閲覧ファイルの対応フォーマットを気にせずに、持ち出せない環境の中で公開できます。
  • 暗号化ツールのように1台ずつソフトをインストールをする必要はありません。
  • 個々のセキュリティ意識が低くても、原本ファイルを渡さないので、環境から持ち出しを強制的に抑止します。
  • 回線速度が遅い地域でも、セキュリティ性を保ったまま、高速で閲覧が可能です。


セキュリティ機能に関連した導入事例

株式会社アーレスティ様 <Brava Enterprise>

「自動車業界で高まる情報セキュリティニーズを満足する、安全性、コスト、使い勝手のバランスがとれた、セキュアなファイルビューア。」

インタビュー記事はこちら


山九株式会社様 <Brava for SharePoint>

「サムネイル表示による強力な検索機能と高速表示により目的の書類にすぐにアクセス。同時にセキュリティ面も備えているため、多数の国内拠点や海外拠点とも安全なやり取りが可能」

インタビュー記事はこちら


日本精工株式会社様 <Brava Enterprise>

「サプライヤーへの図面提供を1ヶ月でセキュア化でき、管理の人手も製造のミスも従来より減らすことができました」

インタビュー記事はこちら


東京地下鉄株式会社(東京メトロ)様 <Brava for SharePoint>

「SharePointだけでは、100万ファイルを保管する図面管理システムの要件は満たせませんでした。Bravaビューアを組み込むことで、検索やセキュリティ等の要件を満たすことができました」

インタビュー記事はこちら


株式会社ブリヂストン様 <Brava Enterprise>

「ビューアをBravaに切り替えることによって、既存のシステムを変えずに『コストダウン』と『セキュリティ強化』を実現できました」

インタビュー記事はこちら


富士通エフ・アイ・ピー株式会社様 <Brava Enterprise>

「ドキュメント共有の好循環を作るためには、ビューアにもちゃんとお金をかけるべきです」

インタビュー記事はこちら


デスクトップ製品