BRAVA ファイルサーバーで使える、だからみんなで使える高速・多機能ファイルビューア

株式会社オーシャンブリッジ 会社概要
製品/PRODUCT

HOME>製品>Brava for FileServer

Brava for FileServer体験版

ファイルシステム、文書管理システム、図面管理システムなど、既存のシステムと連携して保存した文書の有効活用で手軽に文書共有サイトを構築

お知らせ

2017年7月14日 Brava 16 for FileServerリリース

最新版では、主にユーザビリティの向上とHTML5ビューアの機能が強化されています。PCやiPadに加えて、iPhoneからのファイルの閲覧にも対応しました。Windows 10およびMicrosoft Edgeにも対応し、マルチデバイス、マルチブラウザ環境での活用範囲を拡張しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

概要

Brava for FileServer(ブラバ フォー ファイルサーバー)は、ファイルサーバーに保存した各種ファイルをファイルサーバーのフォルダツリーからそのままWebコンテンツを作成するソリューションです。フォルダには意味のある名前をつけたり、関連あるフォルダをツリー構造にして作成し、必要なファイルを保存します。Webポータルを作成する場合、単に公開したいファイルを並べるだけでは、欲しい情報をなかなか探せなかったり、関連するファイルをまとめて閲覧できなかったりといった不便な事が多々ありますが、フォルダツリーをそのまま公開することで、利用社の利便性は格段に向上します。

本製品には、以下の製品が含まれています

ファイルを閲覧する際に使用するBravaビューアには様々な機能が搭載されています。表示したデータの新旧を比較したり、コメントや変更指示などを書き込めます。オリジナルデータには一切触れずに、表示専用データ上で操作できるため、グループで回覧したり版の更新作業などに便利です。
また、閲覧専用データをビューアで表示する仕組みは、オリジナルファイルをローカルにダウンロードさせないため、情報漏えい抑止や不正なコピー・改ざんなどを防ぎます。

文書・図面管理システムやBIツール、PDMなどをすでに運用している場合は、それらのシステムとの連携も容易にできます。文書や図面などの保存には既存システムを利用し、表示にはBravaビューアを利用するといったシステムの構築が可能です。その場合でもAstackがフォルダツリー構造をそのまま変換しますので、ユーザーはこれまでの操作を変更することなく、スムーズに運用を開始することができます。

特長1: オンデマンド変換

公開対象となるフォルダ構造のみ事前に変換しWebコンテンツとして公開します。ファイル自体は表示要求があった際に変換されます。ユーザーがあるファイルを開こうとした時にファイル名をクリックしてからすぐにバックヤードのBrava Enterpriseが表示専用データに変換します。ユーザー側ではタイムラグなくビューア表示できます。一度変換されたデータはキャッシュされるため、2度目以降の表示要求があった際には瞬時に開きます。

オンデマンド変換により、あらかじめ公開フォルダに保存されたすべてのファイルを変換しておく手間・時間を削減、また変換のためにスケジュール設定をするなどの作業も不要となり、システム管理者の工数を削減できます。

表示したいファイル名をクリックしたら、Bravaが表示専用データに素早く変換。ブラウザで高速表示

特長2: Webポータルテンプレートを標準添付

自動的に構築されるWebポータルは、あらかじめテンプレート化されています。フォルダ選択画面のデザインを変更したり、企業やサービス等のロゴを貼付したり、カスタマイズも可能です。

セキュリティのスクリプトを追加することができるため、連携するシステム個別のセキュリティ要件にも対応できます。

特長3: 他システムとの連携

Brava for FileServerは文書管理システムやグループウェアなどの外部システムと連携してご利用いただけます*注。社内システムのストレージに蓄積した文書ファイル(ハイパーリンク)を受け取り、Webポータルを生成。表示用データに変換した後はBravaビューアで表示できるようになります。

アクセス設定を引き継げるため、ユーザーは連携元のシステム側でログインすれば、ファイルを表示することができます。複雑な権限管理設定は不要です。

*注:連携するシステムにより、カスタマイズが必要です。詳しくは弊社までお問い合わせください。

特長4: 選べる利用環境(表示)

社内PCはInternet Explorerで、社外に出た際にはiPadでポータルを利用したい。そんなニーズもBrava for FileServerなら自由に選べます。
IE用のサイト、iPad用のサイトを別々に作成しておくことで、IEとiPad両方からアクセス可能になります。

*利用可能なブラウザ:Internet Explorer、Google Chrome、Firefox、Safari(iPad) それぞれのバージョンなどは下記動作環境にてご確認ください

PowerPointのプレゼン資料をIE、Chrome、Firefoxでそれぞれ表示したサンプル

AutoCAD図面をIE、Chrome、Firefoxでそれぞれ表示したサンプル

文書共有・公開ポータル「Net-It Central」からの乗り換え

本製品はNet-It Centralと同様にファイルサーバーのフォルダーツリーをWebに公開できるシステムです。Net-It Centralで共有・公開サイトを構築、運用しているケースからの乗り換えをご支援いたします。お客様のニーズに合わせて最適なソリューション組み合わせを提案しています。

  • Brava Enterpriseでは文書・図面管理システム等がないと動作しない
  • 最新のブラウザやOSに対応したビューア環境にしたい
  • 現在運用している情報ポータルをこれからも続けて運用したい   など

ライセンス価格

Brava for FileServerと連携するシステムを含めて提案しています。お客様のニーズにより組み合わせ製品が異なりますので、個別に対応いたします。詳細については、こちらまでお問合せください。

動作環境

Brava for FileServerの動作環境は、下記のページをご覧ください。

動作環境詳細について

お問い合わせ

資料請求や製品に関するご質問はこちらよりお問い合わせください。

お問い合わせ