BRAVA

外部連携で使いみち広がる
高速・多機能ビューア

導入事例

HOME>導入事例>メニックス様

導入事例

メニックス株式会社様

メニックス様

メニックス株式会社
ジェネラルマネージャー 北岸英次 氏
業務企画部 セクションリーダー 三浦大輔 氏

製造装置などの機械設計を行うメニックス株式会社(以下メニックス)は、ITは業務を効率化するための「道具」であると割りきり、社内に専任の情報システム担当者が不要な環境を構築しています。これによって、社内のリソースを本業である設計業務に集中させることが可能になり、製造装置以外にも、多彩な分野に業務を拡大しています。本業に集中するためのシステムの実現にはBravaが大きく貢献しています。メニックス株式会社の北岸英次氏と三浦大輔氏(写真中央)に、同社のITに対する考え方と、Brava導入の効果についてうかがいました。

写真右端:弊社代表取締役社長 持木、左端:営業部:秋本


企業ロゴ

メニックス株式会社メニックス株式会社は、液晶パネルや半導体などの製造装置をはじめとした多彩な機械設計を請け負っている。さまざまな得意先に対応するためにAutodesk Inventorをはじめとした複数のCAD製品を駆使する、2次元CAD/3次元CADのプロフェッショナル集団である。

ITは業務を効率化する「道具」だと徹底的に割りきって、社内のIT環境を構築する。

はじめにメニックスの業務内容と特徴についてお話ください。

当社は半導体製造装置の設計を請け負う設計会社です。半導体製造装置のほかに、工作機械、昇降機、自動省力化機械や、生産設備ラインなども設計しています。これらの設計の特徴としては、部品点数が非常に多いことが挙げられます。

また、ほかの設計会社と大きく異なるのは、多様なお客様に対応するために、Autodesk Inventor、AutoCAD Mechanical、MICRO CADAM Helixなど、複数のCADを用意し、お客様と同じ環境で設計を行っている点です。

さらに、設計を請け負うという業務の性質上、高いセキュリティ対策も求められます。

deviceExsample
製造装置の設計例


従業員数が約120名ですが、明確な情報システム部門はないとうかがいました。

北岸氏
「餅は餅屋」といいますが、ITのことは専門家に任せればいい。その分、社内のリソースを本業の設計業務に集中させることができます。あくまでもITは、生産性を上げるためのツールなのです。
(北岸氏)

当社のITに対する考え方のひとつが「餅は餅屋」、つまり専門的なことは専門家に任せようということです。自社のコア業務とノンコア業務を明確にすることが重要だと考えています。

当社のコア業務は「設計」であって、ITはそのためのツールであり、それ以上でもそれ以下でもありません。ITの管理ではなく、設計業務に注力できる、そういったIT環境の構築を目指しています。

その一つが、パッケージ製品にこだわる、極力、カスタマイズを避ける、という姿勢です。パッケージ製品であれば、開発期間が不要で、比較的低コストで導入することが可能です。カスタマイズをしなければ、サポートやヘルプデスクなどのサービスも、ソフトウェアハウスの既存のサービスを利用することができます。

さらに、これは方針というよりは、社風に近いのかもしれませんが、新しいツールを積極的に取り入れる進取の気風があります。IT分野ではハードもソフトもすぐに陳腐化していきます。常に新しいツールを取り入れ、生産性の向上に取り組み続けることが重要だと思っています。

Resources

ITのような専門分野は自前のリソースで用意せずアウトソーシング

新しいツールやテクノロジーを積極的に取り入れることで、生き残る。Bravaの導入に迷いはなかった。

どのようなきっかけでBravaを知ったのでしょうか。

実は有償版のBrava Desktopを導入する以前から、社内では無償版のBrava Readerを使用していました。設計分野では、TIFFファイルのビューアといえばBravaという印象があります。

無償版のBrava Readerは、TIFFファイルやPDFファイルのファイルビューアとして、ごく普通のツールとして利用していました。

有償版Brava Desktopの導入決定の経緯をお話ください。

当社のお客様が使用しているファイルフォーマットは多彩です。ときには無償版のBrava Readerでは閲覧できない形式のデータが支給されることもあります。あるときHPGLフォーマットを使用しているお客様がいて、閲覧できずに困ったことがありました。

BravaDesktopはオールマイティ表示
TIFFをはじめHPGLや大半のCADファイルに対応

そこで、HPGLファイルの閲覧が可能な有償版のBrava Desktopを使ってみたのです。最初はデモ版をお借りしたのですが、差分抽出機能などが搭載されていて、設計変更の頻度が高い当社の業務効率の向上に役立つことが期待できました。

さらに、TIFF、Auto CAD、HPGL、Inventorに加えてExcelファイルも閲覧できるなど、多種多様のフォーマットに対応していることも魅力でした。また、ビューアで閲覧しても、レイアウトが崩れることがないという点も高く評価しました。

それまで無償版のBrava Readerを使用していたこともあり、ほかのファイルビューアの導入を検討することなく、有償版のBrava Desktop(以下Brava)の導入を決定しました。


価値を生み出す作業にリソースを集中できる環境を、Bravaが実現した。

Brava導入により生産性が向上した具体例をお話ください。

製造装置の特徴として、部品点数が多い点が挙げられます。製品そのものよりも、製造装置の部品点数のほうが圧倒的に多い場合がほとんどです。

また、当社は製造設備ラインの設計も行いますが、一つの製品を製造するためには複数の製造装置を使用するために、その部品点数は膨大になります。この数万から数十万点にもおよぶ部品の管理は、設計業務を進めるうえで欠かすことができません。

また、当社の業務では、ゼロベースから設計はほとんどなく、カスタマイズ設計が多いという特徴があります。特に、製造装置や製造設備ラインの設計では、設計変更の頻度が非常に高いのです。

そのため、従来は新旧の図面やパーツリストを見比べて、変更点をチェックする業務にかなりの時間を割いていました。チェック漏れは下流の工程に影響を与えるだけでなく、顧客の信頼を失うことにもつながります。そのため、必要に応じて専任のチェック係を増員することもありました。

BravaDesktopは図面比較にも

Bravaの差分比較の例。図面の修正箇所も一目で把握

しかし、Bravaの差分抽出機能を使用することで、従来と比較して図面のチェック時間を10分の1にまで短縮することができるようになりました。同じと思って受け取った図面が、差分機能を使ったら、修正箇所が見つかったという例もありました。 Bravaの導入によって、専任のチェック係を増員する必要もなくなり、人件費のコストカットも行えました。

さらに、表示スピードが速くなり大容量の設計データもスムーズに閲覧できるようになりました。社内では、管理職がCADを自ら操作する必要はなく、CADファイルの内容が確認できれば良いという部門もあります。

また、設計部門でもファイルを閲覧するだけという場合もあり、常にCADを立ち上げる必要があるわけではありません。その際に表示の速いBrava Desktopが重宝しています。感覚的に1ファイルあたり数秒の差になりますが、大量の図面を日々閲覧する必要があるので、これは業務効率の向上に大きく役立っています。

BravaDesktopで生産性向上

図面とともに送られてくるExcelの部品リストなどもBrava Desktopで比較でき
正確に効率的に異なる箇所を把握できます。

BravaDesktopは文書比較にも

Bravaを使うと図面のチェック時間が大幅に短縮される

日本にはないユニークなIT製品による、新しいニーズへのスピーディーな対応に大きく期待している。

オーシャンブリッジに対する印象はいかがですか。また、要望などがあれば、お聞かせください。

三浦氏
大きな図面の表示速度が速くなったと実感しています。コンマ何秒の差でも、毎日の積み重ねにより大きな差が生まれます。なによりも、「速くなった」と実感できることは、重要だと感じています。(三浦氏)

問い合わせなどに対するオーシャンブリッジの丁寧な対応には、たいへん感謝しています。素人でも分かりやすく説明してくれるので、ITのことはITの専門家に任せるという当社の方針の実現に不可欠な存在になっています。

また、関連会社や顧客などとウェブ会議などを行う機会が増えてきました。その際に、リモートで閲覧できる機能があると、スムーズな打合せができると考えており、オーシャンブリッジが取り扱っているリモートツールISL Onlineの導入も現在検討をしています。

オーシャンブリッジはこれまでも現場のニーズに迅速に対応してくれてきました。今後も日本にはないユニークなIT製品でいち早く当社のニーズに対応してくれることを期待しています。

< Brava Desktopの導入効果のまとめ >

1「ツール」として活用できるので、運用管理コストを抑えられる。
2 頻繁な設計変更の確認作業は、差分抽出機能により大幅に効率化。
3 表示速度が高速なので、閲覧時間の短縮=業務効率化を実現。


お忙しい中、貴重なお話をお聞かせいただきありがとうございました。


メニックス株式会社のWebサイト
取材日時 2015年12月

Brava Desktopの詳しい製品紹介はこちら 製品に関するお問い合わせ、試用版のお申し込みはこちら