BRAVA ファイルサーバーで使える、だからみんなで使える高速・多機能ファイルビューア

株式会社オーシャンブリッジ 会社概要
導入事例

HOME>導入事例>三菱マヒンドラ農機様

導入事例

三菱マヒンドラ農機株式会社 様

三菱マヒンドラ農機様

三菱マヒンドラ農機株式会社
開発・設計統括部 開発管理・見積グループ 課長 中島吉一 氏
開発・設計統括部 開発管理・見積グループ 主任 倉立積氏 氏
開発・設計統括部 開発管理・見積グループ 主任 足立英司 氏

農機メーカーとしてグローバルにビジネスを展開する三菱マヒンドラ農機株式会社(以下、三菱マヒンドラ農機)では、過去の開発資産をマルチTIFFとしてデータベース化し、農機開発に関わる現場で広く活用されています。一度は別のビューア製品を使用したものの「やっぱりMyriadを使いたい」という現場の強い要望から、後継のBravaを導入した三菱マヒンドラ農機の開発・設計統括部 開発管理・見積グループ 課長 中島吉一氏(写真右から2人目)、倉立積氏(写真中)、足立英司氏(写真左から2人目)に、導入の背景や活用の状況についてお話をうかがいました。

写真右端:弊社代表取締役社長 持木、左端:営業部:宮崎


企業ロゴ

三菱マヒンドラ農機株式会社三菱マヒンドラ農機株式会社は、大正3年に「サトー式稲扱機」で創業開始以降、トラクター、コンバイン、田植機、耕うん機、管理機など、農業機械全般を開発・製造している。
世界トップクラスの品質管理能力とトラクター製造台数を誇るインドのマヒンドラ&マヒンドラ社との協業を開始し、グローバル事業を展開すると同時に、OEM供給や共同開発も手掛け、国内販売のほか、海外ではアジア圏、北米圏、ヨーロッパ圏へも展開を行っている。

開発設計部門はもちろん、農機や販売店の問い合わせも、図面・文書管理システムの検索データベースからTIFFの高速表示で対応。

現在の利用状況について教えて下さい。

当社の技術センターに「Brava Desktop画像対応版/マークアッププラス 同時使用ライセンス」を200ライセンス導入しています。

当社は主に農業機械の開発・製造・販売を行う企業で、開発設計部門がある技術センターは商品企画、設計、電装、実験、管理などのセクションで構成しています。また、開発設計部門のほかに、製造部門や、販売店からの電話による問い合せを担当するセールスエンジニアなど、当社製品に携わる社員がBrava Desktop(以下、Brava)を利用しています。


なぜ、販売店のセールスエンジニアにBravaが必要なのですか。

セールスエンジニア部門には連日、全国各地の販売会社から様々な問い合わせがあります。商品についての問い合わせに対応する際に、図面を確認しないと回答できない場合があります。問い合わせがあってもBravaであればTIFFを素早く閲覧できます。他のビューアでは表示に時間がかかってしまいますが、開発設計部門に回すことなくすぐにその場でスムーズに回答できます。

「Brava Desktop」は基本的にデスクトップ独立型で利用するタイプですが、図面をエクスプローラーで検索して開くのでしょうか。

閲覧しているTIFFですが、図面・文書管理システムに登録されているファイルです。当社では技術情報統合検索システムと呼んでいます。端末から検索して、該当ファイルをクリックすれば、Bravaが起動して内容を表示します。

Bravaは通常、エクスプローラーでファイルを選択してファイル表示する製品と思いますが、こちらの方法ではあまり使っていません。検索結果からファイルを呼び出す際には、登録されているファイル種別ごとに番号体系で管理された図面名称をプログラムでBravaに渡して表示しています。

技術情報統合検索システムはどのような資料が登録されているのでしょうか。

当社は今でも紙の運用が一部残っています。しかし、紙は膨大な量となってしまい、このままでは過去資産が増え続けることになってしまうため、技術情報統合検索システムを構築しました。

技術情報統合検索システムのデータベースには過去の図面や書類を大型スキャナで取り込み、TIFFで保存し、4メートルを超えるような大きな図面は分割してマルチTIFFで保存しています。内容としては、図面ファイルに加えて、部品リスト表、公示書、社内標準マニュアル、設計マニュアルなどの文書ファイルも登録しています。


Resources

技術情報統合検索システムのデータベースを検索

設計開発において具体的にBravaをどのように使用されているのでしょうか。

当社は設計を始める場合、新規に設計する場合と流用設計する場合があり、データベースに保存されている過去の技術情報も確認しながら設計します。過去の資料をBravaで表示してその情報を参考に開発設計を行っている状況です。

開発設計中は、既に出図済みの図面やどの箇所をどのように設計変更する必要があるのかという公示書(一般的には設計変更通知書のようなもの)をBravaで閲覧しています。また図面に必ず付帯する部品表も閲覧します。

BravaはTIFF以外のPDFなどいろいろなファイル形式が閲覧可能なので、開発部門では標準ビューアとしてBravaを利用しています。図面情報以外にも、会社のマニュアル類や一般文書や技術資料も閲覧しています。

Resources Resources

図面番号を入力し、検索結果一覧から選択するとBravaで表示される。

スムーズな操作性のMyriadのリクエストが殺到。馴染んでいたシンプルかつ必要な機能は、Bravaにも受け継がれていた

Bravaを導入したきっかけを教えて下さい。

図面・文書管理システムを導入した際は、部門ごとに設置していた共有端末のビューアに、Myriadを導入していました。徐々に個々にパソコンが普及したので、それぞれの端末にもビューアを導入したほうがよいということで、別のビューアを導入しました。ところが導入直後から、現場からクレームがあがってきたのです。

そのビューアにはMyriadで頻繁に使っていた機能が無く、別の方法で対応しようとしたのですが、現場から「効率が悪い」という意見があがりました。そこで、ビューアのサポート期限が切れるタイミングに合わせ、Myriadを全台に入れることを検討しました。しかし、Webで調べてもMyriadを見つけることができなかったので、機能を継承している後継のBravaを採用することにしたのです。

Myriadは同じ開発元のBravaの前身ですね。具体的にどのような機能がよかったのでしょうか。

倉立氏
拡大してコピーして資料に貼り付ける機能は、かなり重宝しています。(倉立氏)

例えば、Windows標準ビューアなどのTIFFビューアでは、欲しい範囲を指定コピーしてそのままExcelやWordといったドキュメントに貼り付けができないので作業が二度手間となります。しかし、Bravaには画像を拡大して、簡単に範囲の選択コピーができる機能があります。

この機能はドキュメント資料を作成する上でとても便利で使いやすく、非常に重宝しています。同じように範囲選択で印刷できる機能も役立っています。

Bravaは本当にシンプルですが、必要な機能が確実に備わっています。Bravaを利用する全社員が使い方をシェアすることで、統一した資料作成方法を実現でき、業務効率も改善され、手間がかかっていた資料作成がスムーズになりました。Bravaを見つけた時はMyriadと同じ操作性だったので、迷わず選びました。


そのほかに導入による効果はありましたか。

以前は、開発設計時にはファイリングされた過去の図面(A4~A0)を机に広げて、原紙を見ながら設計していました。原紙のほうが正確なので良いと思っての運用でした。BravaはTIFFの表示も速いし綺麗に表示ができるうえ、操作性もよいので今は手元の画面で確認しながら効率的に設計ができます。

稀にどうしても目で確認したいときは紙に出力して内容を確認することもありますが、紙保管していたファイルは不要になり、ペーパーレス化と保管スペースの新たな利用も可能になりました。

Resources

Bravaで素早く表示された図面は、隅々まで確認できる。

他業界では図面のPDF変換の流れはあるが、機械・製造業はまだまだTIFFが必須。


ほかのビューアを比較検討はされなかったのでしょうか。

中島氏
単純に、使いやすい。それが一番いいです。(中島氏)

まず、マルチTIFFが閲覧できることがビューアの必須条件でした。

業務で紙の図面を、大型スキャナで最大A0まで読み込むことが可能ですが、実際はもう少し扱いやすいサイズに分割して、複数ページにできるマルチTIFFとして保管しています。

そもそもマルチTIFFが閲覧できるビューアは少ないです。Windowsの標準ビューアも閲覧はできますが、すごく操作が重たくなってしまうので効率が悪くなってしまいます。

Bravaは速いし、それに必要な機能が備わっている。単純なのが一番です。他のビューアでは画像を加工できるなど、多機能を推しているビューアもありますが、設計者にとってはほとんど使用しません。必要なものだけを考えたらBravaだったのです。


TIFFを選ぶ理由を教えていただけないでしょうか。

PDFは確かに高精細になってきていますが、原寸で線を引いている図面をPDF変換した場合に、本当に原寸のままで出力できるのかどうかという点がどうしても不安です。

機械・製造業の図面保管はTIFFが多く、PDFにするのは考えられない、と言っているところもあります。

CADにはPDFにしか変換できないものもある一方、BravaはPDFもTIFFも閲覧できるので、今後の市場の動向により主流がどちらに動いても融通がきくと思っています。

インドのマヒンドラ&マヒンドラ社と協業を開始しグローバル事業を展開すると同時に、図面・文書管理システムのワークフロー化、セキュア化など活用を目指す。

御社の今後実現したいことなどお聞かせ下さい。

マヒンドラ&マヒンドラ社との協業を機に、インドと日本で共同する作業が今後増えていくと思います。今ちょうど協業を円滑に行うためのプロジェクトが進行中で、今後も設計業務を海外と行う際の情報共有を考えると確認しておくべきポイントが多数あり、Bravaが更に利用できそうです。

例えば、紙運用からすべて電子化できていることが前提ですが、図面を承認ワークフローに埋め込み、最終承認されたらTIFFとして技術情報統合検索システムに自動で変換して保管するといったことを想定しています。

セキュリティ面はいかがでしょうか。

現状では限られた関係者しか利用していませんが、今後、利用範囲を広げていく場合は、全社で共有する高いセキュリティレベルが求められることとなります。Bravaには不適正に持ち出しされないように、印刷ボタンを押して、必ず印刷物に文字すかしやマークをつける機能もありますので是非活用したいです。ユーザーが「何かをいちいち設定する」ということではなく、システム的に自動でついてくれるようなものがあればいいのですが、セキュリティ強化時にはこちらの機能の活用も考えています。

Bravaに対してご要望がございましたらお聞かせ下さい。

足立氏
APIでプログラムが組めるようになれば、いろいろなことができますね。
(足立氏)

当社ではBravaの同時使用ライセンスを使用しているので、管理者側としては、無駄なライセンスの使用を無くす機能が欲しいです。

ユーザーがBravaで表示したまま席から離れてしまうと、管理者側は、今使っている状態なのか、放置している状態なのかがわからないので、ライセンスを切り離していいのか判断に迷うことがあります。例えば、タイマー機能により操作をしてない状況であれば自動で接続を切断することが可能であればより運用の効率化ができると思います。

また、出張など外出した時にオフラインで使いたい場合「期限付き持ち出しライセンス」といったライセンス管理の幅広さがあればと思います。

また、Bravaの比較機能や、APIを活用して、より使いやすいシステムにしていきたいです。


お忙しい中、貴重なお話をお聞かせいただきありがとうございました。


三菱マヒンドラ農機株式会社のWebサイト
取材日時 2016年5月

Brava Desktopの詳しい製品紹介はこちら 製品に関するお問い合わせ、試用版のお申し込みはこちら